LINK
日本人のカメラ好きというのもあり、また日本のカメラメーカーも強いこともあり本当に多くの人がカメラで撮影することが日常的なものとなっています。携帯やスマートフォンで手軽に撮影することから、ズームで望遠や接写など簡単な操作で少しだけ凝ることのできるコンパクトデジカメ、そして本格的に絞りやシャッター速度などをマニュアルで調節して高度な技術を駆使できる一眼レフまで幅広くあります。シャッターを押せば自動でピントがある機能がついているものも多く肩肘をはって撮らなくてもある程度きれいに写るのが今のカメラですが、同じ撮影するならいろいろとカメラのことを勉強してオリジナリティのあるいろいろな画像効果を狙って撮影して見るとさらにおもしろい、芸術的な写真を撮ることができます。ピントのことやボケのこと光の量とシャッター時間や速度の関係などを知るといろんな写真を撮ることができるのがわかります。そういったことを知れば知るほど奥深いカメラの世界という世界があります。